レッスン

レッスン

独自の5ステップ指導法

興味のあることであれば、子どもたちはどんなに面倒なことでも一生けん命にやります。それは必死に学校の部活に励む生徒や、小さな子どもでもゲームに夢中になります。逆に興味がないことには子どもたちは見向きもしません。

英語を学ぶときも同じことです。まず英語に興味を持たせること、それが一番大切なことです。ただ、それは言葉で言うのは簡単ですが、実際には非常に難しいことです。

語学の学習では、英語に限らず必ず4技能が求められます。

「聞く」「話す」「読む」「書く」という4つの技能です。

4つの技能はもともと英語教育の完成形として考えられたものです。

ですから「聞くこと」「話すこと」から英語に興味を持って、それから「読むこと」、「書くこと」に移っていっても、あるいはその逆であってもそれはどちらでもよいことです。どちらから入っても興味を持てるような教材を揃えていくことが大切なことなのです。

ステップワールドは、映像や音声、本やカード、ゲームなど、子どもたちの周辺にできるだけ多くのアイテムを揃えることで、子どもたちの英語に対する興味を引き出し、興味を持続させることを考えています。

ステップワールド英語スクール仙台台原駅前校の独自の5ステップス指導法STEP1ステップワールド英語スクール仙台台原駅前校の独自の5ステップス指導法STEP2ステップワールド英語スクール仙台台原駅前校の独自の5ステップス指導法STEP3ステップワールド英語スクール仙台台原駅前校の独自の5ステップス指導法STEP4ステップワールド英語スクール仙台台原駅前校の独自の5ステップス指導法STEP5

    

    

幼児から高校レベルまでの一貫教育

ステップワールドでは、幼児から高校生レベルまでの英語学習をサポートしています。ただ、ステップワールドの教室は義務教育ではありませんから、小さい頃から英語の勉強を始めた生徒もいますし、小学校に入ってしばらくしてから始めようという生徒もいます。当然、学習の内容は違いますが、学習の内容を大きく2つに分けて考えています。

ひとつは、学校の成績を上げる。受験対策、英検対策という「読む」「書く」に重点を置いた学習。

もうひとつは、「聞く」「話す」というコミュニケーションに重点を置いた学習。

そのうち前者は目標を英検合格に置きます。英検の内容は、学校での学習、受験の問題と近いことがその理由です。早くから英語の学習を始めた生徒も、しばらくしてから英語の学習を始めた生徒も、学齢に関係なく、背伸びすることも、がまんすることもなく、自分に合った英検の級を目指すことに集中できます。

コミュニケーションの力は、先生との教室での会話を通じて、オクすることなく英語を「話してみる」ということが日常の中で養われます。

ただ、教育というのは、工場でのモノ作りとは全く違います。「効率よく」だけがよいということは限りません。楽しむこと、時間をかけること、遠回りに見えることさえも、実は有意義なことだったりするのが教育です。

このエントリーをはてなブックマークに追加